静岡県温泉協会―温泉利用施設会員

温泉利用施設会員を募集しています!!(令和元年度~)

これまで源泉所有者だけを会員としてきたその理由

昭和36年、伊東-下田全路線開通となった伊豆半島。リゾート開発に伴う温泉の掘削ブームを迎え、既存の源泉を乱開発等から守る為、源泉を所有する個人や企業、行政、そして温泉旅館らが団結、県の委託により源泉調査を行い湯量や温度を監視し枯渇を防止する目的で協会が設立されました。このため『入会条件は源泉所有者』である事とし、その他に関連する自治体や事業者からなる賛助会員に支えられ、今日まで協会運営を続けてまいりました。激動の昭和もバブルがはじけ終わりを告げる頃、平成元年「ふるさと創生事業」で全国の市町村に1億円が配られ、健康のためにわが町にも温泉をと、低料金で温泉を楽しめる公共日帰り温泉ブームに。時と共に公営施設から指定管理者による運営に移って行きました。令和に入り、自然災害や疫病など予測できない事例が多発し、人々の生活の根本を揺るがす様々な変化が起きています。

 

温泉の今後について考える

温泉ブームも成熟期を迎えひと段落。各地にあった大型施設、公共施設も維持が大変になり閉鎖もやむないといった状況がちらほら・・・せっかくインバウンドで温泉をPRしてきましたがコロナ禍で観光客の減少。観光を支えてきた温泉業界に今後求められるものは?真剣に考える時がやってきました。高齢化社会、人口減少、医療費の削減、健康増進の寄与、地域が抱える問題はどこも同じです。

昨今では、相次ぐ自然災害の際に重要なコミュニティの場となり、地域の垣根をこえた人と人の繋がりが生まれています。これからはそんな役割が温泉に求められるのではないでしょうか?是非この会を通じてお役に立てたらと願います。

 

開設への思い

県内全域を網羅する『温泉場の繋ぎ役』となり、温泉利用施設会員の皆さまと連携します。

 

活動内容

②皆様の温泉施設のPRの場を提供する(総会・講習会など)

③全国の温泉ユーザーに「知ってもらう」ための広報活動を行う(HP・会報誌・SNSなど)

④各地の温泉の特徴にスポットを当てたイベントを企画する

 

会員の皆さまと一緒に考え運営することでより充実した協会事業の展開を目指します。

『顔の見えるお付き合い』をモットーに運営して参ります。

※会員募集について、源泉所有の部分で少々決まりがございますため、下記フローチャートにてご確認いただきますようお願いいたします。

温泉利用施設会員入会のためのフローチャート


〇 源泉の所有とは、根本的な修繕等を実施すること、簡易な日常管理等は含まれない。(※1)

〇 源泉を所有せず日常管理のみ行う場合や、指定管理による運営者は温泉利用会員に該当する。

会員紹介

【会員特典】

●温泉関連のセミナーや最新情報のお届け ●温泉実態調査報告書のお届け ●公式フェイスブック・ツイッター・LINEで情報発信(温泉施設のPRに情報をお知らせ下さい。) ●温泉イベント、他団体と共同企画 ●会員同士の連携のお手伝い ●温泉協会ホームページ バナー広告(無料)縦50ピクセル×横94ピクセルで作成し、shizuoka.on@outlook.jpへお送りください。 ●環境省「チーム 新・湯治」との連携

 

【お問合せ先】

事務局:静岡県健康福祉部衛生課内

TEL:(054) 221-3281

FAX:(054) 221-2342 


入会の申し込み

会員枠に✔を頂きフォームに必要事項を入力後送信下さい。 メール(shizuoka.on@outlook.jp)FAX(054-221-2342)でのご登録も受け付けております。

メモ: * は入力必須項目です